顔汗を止めるための自分なりの対策

私は汗かきなのですが、顔汗も酷いほうです。
親譲りでこんなもの譲ってくれないでいいのにと思うくらいです。
だいたい初夏になるとだんだんと気になり始めます。

そして夏にはピークになるのですが、周りの人からすごい汗だと言われることは日常茶飯事です。

特に運動するので、スポーツ用のサンクリームを塗って数時間すると顔が白くなって、はじいたように顔に汗が浮いているので、皆が驚いてみています。いつもタオルやハンカチは欠かせないのですが、化粧まで落ちてしまうので本当に大変です。

顔汗をストップ

たまに普通のテイッシュで顔を拭くとあちらこちらにテイッシュの白いかけらが顔中に残っているようで、友達からやめたほうがいいといわれました。

そういう中で自分で考えたのがキッチンタオルを使うというものです。

天ぷらなどを揚げて油を吸収させるためのものですが、普通のテッシュに比べて丈夫ですし、奇麗に吸収してくれるので化粧があまり落ちないのがなかなかいいです。

しかしかなり汗をかいてしまったら、それでもおしまいになるので、暑い日には幾つかを持ち歩いて汗が少しでも出たらマメに拭いて上げないと顔がまだらになって大変な状態になってしまいます。

そういう事なので化粧なおしというのはかえって変になってしまうので、夏場は一度立派に仕上げたらいかにそれを維持するかというのに力をいれています。

汗をあまりかかない涼しげな顔をしている人をみると羨ましくなってしまいますが、こればかりはどうしょうもない事なので、諦めて自分が出来る対策をするのみです。

ただ、最近は下記サイトで見つけた「サラフェ」という制汗パウダーが気になっているので、来年暑くなってきたらこれを試してみようかなとも思っています。

参考:顔汗を止める方法

気が付くと脇汗がいっぱいで恥ずかしい

大量の汗

私は小さい頃から汗っかきでした。そんなに太ってもいないのですが、運動したりすると人より倍以上に汗をかいていました。髪の毛はぺたんこになり、ポーニーテールの髪先から汗が滴り落ちるほどでした。

小さい頃は汗っかきという事に、特に何も感じる事は有りませんでした。しかし、だんだん大人になっていくうちに、自分だけ汗をべっとりかいている事に「不安」や「恥ずかしさ」など色んな感情を抱くようになりました。

仕事をする頃には、自分の汗の臭いにも敏感になり、仕事の前後には消臭スプレーを必ずつけていました。近くに人が来る度に「私が臭い」と思われるんじゃないかと、とても不安になってしまいます。

一番嫌なのは脇汗

脇汗

一番嫌だったのが脇汗です。全然暑い環境でなくても緊張したり、ストレスを感じた時に、脇にだけ汗をよくかいてしまうのです。脇汗でユニホームの脇の部分の色が変わってしまい、仕事仲間にあからさまな二度見をされます。そのため、なるべく手をあげないようにしたり、カーディガンをきて見えないようにごまかしたりと、いつも気にして仕事をしていました。

この脇汗をなんとかしようと思い、汗わきパットを買って付けてみる事にしました。しかし、すぐに取れて脇から落ちてしまって、慌てて人に見られないようにサッと拾った、という苦い経験しか得る事が出来ませんでした。それ以降、汗脇パットは購入していません。

苦い経験から学んだ事は、外出時はなるべく脇にゆとりのある服を選び、そして濃い色の服は選ばない事です。濃い色の服は、脇汗が見えやすいのでなるべく避けています。夏などはTシャツではなく、思い切ってノースリーブにしてみたりもします。それでも、突然タラッと脇汗が垂れてくることがあるので、ハンカチは欠かせません。

脇汗が出るのは仕方ないと思い、消臭スプレーなどでカバーしています。スティックタイプの制汗剤は、効果が有るようなので一度試してみたいと思っています。

緊張と焦りで大量に発汗してしまった話

私の両親は本当に汗かきなので、私の汗かきは遺伝だと思います。ただ、私が汗かきである事は、仕事仲間や友達はもうみんな知ってるので気になりません。

しかし、この時ばかりは困ったというか恥ずかしかったです。

彼の両親に会う緊張で大量に発汗

両親

初めて彼のご両親を紹介された時の話です。会う前日から緊張していた私は、約束の時間の前に、テンションを上げる為にカラオケに行きました。これが非常にまずかったのです。約束の時間になった頃に、緊張とカラオケの興奮で、汗が噴き出てきました。

まず、彼と合流したのですが、私を見るなり彼の顔が凄い形相になりました。彼も驚いたでしょう。「なんでこんなに汗をかいているのか」と。

身嗜みを整えようと、トイレに行きました。

玉の汗を掻いて、顔中すごい汗を掻いていて、下着もビショビショ、髪の毛先からぽたぽたと汗が落ちていました。

もう恥ずかしくて情けなくてトイレの個室で服を全部脱ぎました。

事もあろうに、カバンを置いてきてしまったので、トイレットペーパーで汗を拭くしか有りません。選択の余地が無いので、トイレットペーパーで汗を拭くと、ペーパーのカスが顔の至る所に付着し、大変な事になってしまいました。

「もう帰りたい・・・」

でも、彼の両親は待ってくれています。そう思うと焦りで、またまた汗が噴出してきます。

そして、下に着ていた服1枚をタオル代わりに汗を拭いました(お気に入りの一枚だったのに・・・)。

何とか身嗜みを整え、彼の両親の待つ部屋に向かいました。個室に入ると、寒いくらいのクーラーが効いていました。私が汗かきで有る事を知っている彼の優しさでしょう。

彼の両親は待たされた事に対して、特に怒っている様子もなく、話しも少しづつ盛り上がり、その日は無事?やり過ごす事が出来ました。

もし、彼の両親に「何をしてたの?」と聞かれていたら、恥ずかしさや申し訳なさで、さらに発汗していた事でしょう。

彼の両親が本当に優しくて良かったです。

今までは、汗かきの体質を治したいと強く思った事は有りませんでしたが、今回ばかりは自分の体質を恨みました(カラオケに行ったのが悪かったのですが・・・)。

年齢と共に増える化粧では誤魔化せない「顔の汗」

顔の汗

暑いと、身体中汗だくになるものですが、年齢のせいでしょうか、汗が気になる場所が違って来たような気がします。その中でも、顔の汗が、若い時よりかなり多くなったような気がします。

顔全体から汗が出ますが、中でも、Tゾーンと呼ばれる部分の汗がすごいのです。そのTゾーンの中でも鼻の下の汗がひときわ目立ちます。

顔の汗は化粧直しが大変

化粧

顔の汗が多いと、ファンデーションを持ち上げてしまう事が有ります。若い時は、ティッシュで押さえたり、あぶらとり紙で押さえたりして、もう1度ファンデーションを塗り直したら、もうそれで治まっていたのですが、今は塗り直したファンデーションも持ち上げてしまうのです。

拭いても次々に出てくる汗と、ファンデーションが混ざって、そこだけ色が違うのです。塗っても塗っても厚塗り感だけが感じられます。

今は、汗で崩れないリキッドファンデーションを使って、その上からパウダーで押さえています(昔はパウダータイプのファンデーション1つで十分だったのですが)。

風呂上がりには肌ケアの邪魔になる

お風呂上がりなども、顔の汗には困ります。ローションなどが、肌の中に入って行かないのです。

叩き込んでもどうしても、汗と完全に混じってしまったローションは顔の上に乗っているだけなので、1度拭き取ってまたつけ直します。

顔だけでなく首周りの汗も増加

顔だけでなく、耳の後ろや、首なども出てくる汗の量がずいぶん増えたと思います。

シャツの襟元が結構濡れています。

暑い日などは、首もとにタオルを巻いたりして、襟元が濡れないようにしています。

若い時は、主に脇の下や胸やお腹、背中などの汗が気になったものですが、年を取って来ると、顔や頭、首、手のひらなどが気になります。

たくさん汗をかく事は、老廃物が外に出る訳ですから、身体には良い事なのですが、顔面から上の汗は、見た感じもあまり良くないと思いますので、どうにか対策出来ないかな、と思います。

私の汗対策を教えてます。困ったら連絡して来て下さい。

私は非常に汗っかきです。

特に今の時期、夏は上半身、下半身共にベタッとするほど汗をかいてしまいます。

通勤に自転車を使う

汗をかいて恥ずかしいと思う点は通勤や買い物で自転車で移動する時です。数年前まで私は通勤で一緒に持っていくバッグはリュックサックを使用しておりました。
続きを読む

まさか自分のワキ汗がこんなに臭いなんて!

ワキ汗

「自分は決してそんな人間ではない」と自負していたのですが、30歳を越えてからワキの臭いが凄く臭うようになりました。真夏以外はそうでもないのですが、ジッとしていても汗が次から次へと流れ出てくるような真夏は、自分でも我慢出来ないぐらい臭います。
続きを読む