まさか自分のワキ汗がこんなに臭いなんて!

ワキ汗

「自分は決してそんな人間ではない」と自負していたのですが、30歳を越えてからワキの臭いが凄く臭うようになりました。真夏以外はそうでもないのですが、ジッとしていても汗が次から次へと流れ出てくるような真夏は、自分でも我慢出来ないぐらい臭います。

洗濯してもその臭いが取り切れなくて、ひと夏かふた夏も着たら、Tシャツを廃盤にしないとそのTシャツから異臭がしそうなぐらいワキ汗が臭うようになりました。

私はどちらかと言うと潔癖で、近所でも綺麗好きで通っていると思います。体型も凄く華奢ですし、まさかワキ汗がそこまで臭うような人間になるとは想像もしていませんでした。

最初にそのワキ汗の臭いに気が付いた時は、「まさかね…」と自分でも信じられませんでした。そして、「たまたまでしょう」と高をくくっていたのですがその臭いは来る日も来る日も真夏中続くようになったのです。

私のワキ汗対策

そこで現実を受け止め、ウェットティッシュでワキをこまめに拭き取り、その後に制汗剤をつけるようになりました。それでも、その制汗剤とワキ汗の臭いが交じり合って何とも言えない異臭になったり、制汗剤の臭いなんて何処やらといった感じでワキ汗の臭いの一人勝ち状態になったりと、なかなか苦労しています。

なので、朝の家事が一段落したら、スーパーの買い物から自転車を漕いで帰って来たら、その都度上のTシャツを着替えるようにしていますが、時々、面倒になりそのままで再度銀行に行き直したり、家の前にちょっと出た時に限って、知っている人に出会ってしまったりするのです。

そうなると被害妄想かもしれませんが、目の前の人が鼻を捻じ曲げているようにしか見えなくなり、もう何を話しているのか分からなくなります。

それと、きちんと対策を取り、クーラーが利いている部屋にいる時でさえ、何かの瞬間にブワッとワキから汗が噴出す瞬間というのがあります。

ワキのニオイ

ちょっと興奮したり、焦ったり、一瞬ムッと暑くなったりする時でしょうか。炎天下で汗ダラダラというわけではないのですが、瞬間的に汗が吹き出るのです。そんな時のワキ汗の臭いというのも又凄い威力で、それも不意打ちなので、なかなか対処しきれずとても困ってしまいます。

コメントは受け付けていません。