年齢と共に増える化粧では誤魔化せない「顔の汗」

顔の汗

暑いと、身体中汗だくになるものですが、年齢のせいでしょうか、汗が気になる場所が違って来たような気がします。その中でも、顔の汗が、若い時よりかなり多くなったような気がします。

顔全体から汗が出ますが、中でも、Tゾーンと呼ばれる部分の汗がすごいのです。そのTゾーンの中でも鼻の下の汗がひときわ目立ちます。

顔の汗は化粧直しが大変

化粧

顔の汗が多いと、ファンデーションを持ち上げてしまう事が有ります。若い時は、ティッシュで押さえたり、あぶらとり紙で押さえたりして、もう1度ファンデーションを塗り直したら、もうそれで治まっていたのですが、今は塗り直したファンデーションも持ち上げてしまうのです。

拭いても次々に出てくる汗と、ファンデーションが混ざって、そこだけ色が違うのです。塗っても塗っても厚塗り感だけが感じられます。

今は、汗で崩れないリキッドファンデーションを使って、その上からパウダーで押さえています(昔はパウダータイプのファンデーション1つで十分だったのですが)。

風呂上がりには肌ケアの邪魔になる

お風呂上がりなども、顔の汗には困ります。ローションなどが、肌の中に入って行かないのです。

叩き込んでもどうしても、汗と完全に混じってしまったローションは顔の上に乗っているだけなので、1度拭き取ってまたつけ直します。

顔だけでなく首周りの汗も増加

顔だけでなく、耳の後ろや、首なども出てくる汗の量がずいぶん増えたと思います。

シャツの襟元が結構濡れています。

暑い日などは、首もとにタオルを巻いたりして、襟元が濡れないようにしています。

若い時は、主に脇の下や胸やお腹、背中などの汗が気になったものですが、年を取って来ると、顔や頭、首、手のひらなどが気になります。

たくさん汗をかく事は、老廃物が外に出る訳ですから、身体には良い事なのですが、顔面から上の汗は、見た感じもあまり良くないと思いますので、どうにか対策出来ないかな、と思います。

コメントは受け付けていません。