緊張と焦りで大量に発汗してしまった話

私の両親は本当に汗かきなので、私の汗かきは遺伝だと思います。ただ、私が汗かきである事は、仕事仲間や友達はもうみんな知ってるので気になりません。

しかし、この時ばかりは困ったというか恥ずかしかったです。

彼の両親に会う緊張で大量に発汗

両親

初めて彼のご両親を紹介された時の話です。会う前日から緊張していた私は、約束の時間の前に、テンションを上げる為にカラオケに行きました。これが非常にまずかったのです。約束の時間になった頃に、緊張とカラオケの興奮で、汗が噴き出てきました。

まず、彼と合流したのですが、私を見るなり彼の顔が凄い形相になりました。彼も驚いたでしょう。「なんでこんなに汗をかいているのか」と。

身嗜みを整えようと、トイレに行きました。

玉の汗を掻いて、顔中すごい汗を掻いていて、下着もビショビショ、髪の毛先からぽたぽたと汗が落ちていました。

もう恥ずかしくて情けなくてトイレの個室で服を全部脱ぎました。

事もあろうに、カバンを置いてきてしまったので、トイレットペーパーで汗を拭くしか有りません。選択の余地が無いので、トイレットペーパーで汗を拭くと、ペーパーのカスが顔の至る所に付着し、大変な事になってしまいました。

「もう帰りたい・・・」

でも、彼の両親は待ってくれています。そう思うと焦りで、またまた汗が噴出してきます。

そして、下に着ていた服1枚をタオル代わりに汗を拭いました(お気に入りの一枚だったのに・・・)。

何とか身嗜みを整え、彼の両親の待つ部屋に向かいました。個室に入ると、寒いくらいのクーラーが効いていました。私が汗かきで有る事を知っている彼の優しさでしょう。

彼の両親は待たされた事に対して、特に怒っている様子もなく、話しも少しづつ盛り上がり、その日は無事?やり過ごす事が出来ました。

もし、彼の両親に「何をしてたの?」と聞かれていたら、恥ずかしさや申し訳なさで、さらに発汗していた事でしょう。

彼の両親が本当に優しくて良かったです。

今までは、汗かきの体質を治したいと強く思った事は有りませんでしたが、今回ばかりは自分の体質を恨みました(カラオケに行ったのが悪かったのですが・・・)。

コメントは受け付けていません。